2012/04/10

京浜急行2100形(2157編成)

京浜急行の電車なのに「青い電車」として有名な、KEIKYU BLUE SKY TRAINこと2100形の2157編成も、2012年3月に京急ファインテック久里浜工場でVVVF装置の更新工事を受けました。
シーメンス社製のドレミファインバータを、東洋電機製のVVVF装置に更新しましたので、2157編成ももはや歌う電車ではなくなってしまいました。
2100形は快特として連日長距離を高速運転しますので、保守にも負担が生じますよね。また外国製品は、保守に特別な用具が必要になったり苦労も多いそうです。仕方ないですね。
写真の2157編成は1999年5月に川崎重工で完成したのもので、2100形としては3次車に相当します。私としてはVVVF装置交換後初めての撮影となりました。
【撮影:佐野次郎 2012.4.9 追浜ー京急田浦間】

0 件のコメント:

コメントを投稿